クロームキャストはBluetooth機能は付いてる?映像と音声を分けるなら

パソコンやスマホで再生した動画をテレビやプロジェクターに映し出すことができるクロームキャスト、今までHDMIの配線でしかできなかったことを、わずらわしい配線なしでできると人気ですよね。

クロームキャスト

またYouTubeだけじゃなく、HuluやU-NEXTなどの動画配信サービスにも対応しているから映画好きにはたまりませんね。

(主な対応アプリ、DAZN、NETFLIX、Hulu、AbemaTV、auビデオパス、U-NEXT、GYAO!、Rakuten TV、dアニメストア、dTV、DMM動画プレイヤー)です。

有名どころではAmazonプライムビデオは対応していません。

クロームキャストをテレビとつなげる

 

そんなクロームキャスト、HDMI端子からテレビにつなげば映像と音声をそのままテレビで再生することができますが、その代わりスマホからは映像も音声も両方でなくなりますよね。

ですが、テレビにアンプをつなげておけばそのまま大迫力の音声を楽しむことができます。

 

クロームキャストをプロジェクターとつなげる

一方、プロジェクターの場合はどうでしょう?

プロジェクターの場合もHDMI端子からクロームキャストをつなげば同じように映像と音声が同時に出力されます。映像はプロジェクターからの大画面になりますが、音声はプロジェクターに付いている小さいスピーカーからしか出力されないので、物足りないものとなってしまいます。

そこで、音声も迫力あるものにしたいと思ったらどうすればいいのかが悩みどころです。

クロームキャストにBluetooth機能が付いていれば映像はプロジェクターに音声はBluetoothスピーカーから出すことができます。ですが、クロームキャストにBluetooth機能は付いておらずその方法は無理っぽいです。

プロジェクターのBluetooth機能を使う

ハイエンドモデルであれば、プロジェクター本体にBluetooth機能が付いています。

Bluetooth機能が付いていれば、一旦、クロームキャストからの映像と音声を受けてからBluetoothで、サウンドバーなどにつなげば迫力のある音声に仕上げることができます。

サウンドバー Joly Joy 

しかしBluetooth機能が付いているプロジェクターは高額です。Bluetooth機能が付いていないプロジェクターなら、オーディオミニジャック(イヤホンをつなぐところ)から、アクティブスピーカーにつなげるのもありかもしれません。

アクティブスピーカーとつなげる

オーディオミニジャック(イヤホンをつなぐところ)から、アクティブスピーカーへ

アクティブスピーカー

 

Amazon Fire TV StickのBluetooth機能で全て解決!!

それでもやっぱりどうしてもスマホから配線をつながずに映像と音声を出力したいなら、Amazon Fire TV Stickが解決してくれます。

Fire TV Stick

なぜならAmazon Fire TV Stickはクロームキャストとは違い、Bluetoothの接続機能が付いているからです。

(主な対応アプリ、DAZN、NETFLIX、Hulu、AbemaTV、auビデオパス、U-NEXT、GYAO!、Amazonプライムビデオ、dアニメストア、dTV、ビデオマーケット、niconico)などです。

 

これなら、映像はプロジェクターからの大画面で、音声もBluetoothスピーカーの大迫力あるサウンドを楽しむことができます!!

まとめ

プロジェクターの音声はどうしても小さくなりますが、様々な方法で臨場感ある音声にすることができます。

プロジェクターから有線で出したいならアクティブスピーカー、Bluetooth機能を使って出したいならFire TV Stickを使って出力しましょう。