HuIuをテレビで見る方法とその他スマホなど対応デバイス一覧

Huluの特徴は、すべての作品が見放題で、いつでもどこでも、テレビやスマホで見られるということ、

やっぱり登録したら、リビングのテレビで大画面で、外出先にカフェや電車ではスマホ、寝室は手軽にタブレットなど、シーンによって使い分けたいですよね。

でも、Huluは実際にはどんな機器に対応しているのでしょうか?その詳細はわからないものです。

そこでこちらの記事では、Huluをテレビで見るにはどうすればいいのか、またその他の具体的な対応機器について紹介していきたいと思います。

Huluを楽しむための対応デバイス一覧

まずHuluがどんなデバイスで楽しめるのかというと、大きく分けてテレビ、ゲーム機、スマホ・タブレット、パソコンの4つです。

それぞれについて詳しく見てみることにしましょう。

Huluをテレビで楽しむ場合

Huluをテレビで楽しむ場合は、Huluに対応したスマートテレビが必要です。スマートテレビはインターネット機能がついたテレビで、テレビからHuluのアプリをダウンロードすることでHuluを楽しむことができます。

対応のメーカーはソニー(ブラビア)、パナソニック(VIERA)、シャープ(AQUOS)ソニーのブルーレイプレイヤー、パナソニックのブルーレイレコーダーになっています。

詳細は各メーカーのホームページにてご確認ください。

 

Huluをテレビで楽しむ場合(スマートテレビがない)

今使っているテレビが、スマートテレビではなくテレビでHuluのアプリがダウンロードできない場合でも専用デバイスをつけることによって、テレビでHuluを楽しむことができます。

その代表的なのが、Chromecast(クロームキャスト)とAmazon Fire TV Stickです。

・Chromecast(クロームキャスト) ・Chromecast Ultra

 

ChromecastをテレビのHDMI 端子に接続すればパソコンやスマホやタブレットなどの端末で再生した動画をテレビに映し出すことができます。

通常のクロームキャストの上位版がクロームキャスト ウルトラです。

違いはクロームキャスト ウルトラの方が高性能で、4Kのストリーミング再生、有線LANにも対応し処理時間も超高速です。「高画質な動画をサクサク楽しみたい」という方にはオススメです。

画質にこだわらない方なら、価格が安い通常のクロームキャストで十分です。

・クロームキャストの詳細はこちら>>

 

・Fire TV Stick ・Fire TV

「Fire TV Stick」と「 Fire TV」はテレビのHDMI端子に接続してWi-Fiにつなぐだけで再生した動画をテレビに映し出すことができます。

Fire TV Stickの上位版がFire TVです。

「Fire TV Stick」と「 Fire TV」の違いは性能です。Fire TVの方が高性能でメモリがFire TVを上回ってスムーズで、4Kのストリーミング再生に対応しています。「高画質な動画をサクサク楽しみたい」という方にはオススメです。
画質にこだわらない方なら、価格が安い通常のFire TVで十分です。

・Fire TV StickとFire TVの詳細はこちら>>

 

Huluをゲーム機で楽しむ場合

こちらもテレビに繋いで大画面で楽しむ方法です。Huluはプレステ4やプレステ3、Wiuにてアプリをダウンロードすることができ、ゲーム経由でテレビとつないで楽しむことができます。

ただし、プレステ3では2018年12月12日でサポートが終了となります。

 

Huluをスマホ・タブレットで楽しむ場合

スマホ・タブレットではandroid、iOS(iPhone)に対応しています。アプリをダウンロードしてHuluを楽しむことができます。

 

Huluをパソコンで楽しむ場合

パソコンはWindows、Macの両方で楽しむことができます。Huluを楽しむための動作環境はこちらです。

OS Windows Mac
バージョン Microsoft Windows 7 SP1以降 macOS X 10.10以降
ブラウザ Google Chrome(最新版)
Edge(最新版)
Firefox(最新版)
Internet Explorer 11.0以降
Google Chrome(最新版)
Safari(最新版)

 

まとめ

Huluはこのように、テレビやパソコン、タブレットやスマホ、ゲーム機など色々な機器とつないで楽しむことができます。

リビングのテレビで大画面で、外出先にカフェや電車ではスマホ、寝室は手軽にタブレットなど、シーンによって使い分けて楽しみましょう。