2018最新ソニーブルーレイレコーダーの選び方、おすすめガイド!

テレビが大好きという人の必須アイテムであるブルーレイディスクレコーダー

最近ではテレビ番組を録画して視聴するだけでなく、様々な便利機能が搭載されている商品もたくさん発売されています。

ブルーレイディスクレコーダーは東芝、パナソニック、シャープ、ソニーなど様々なメーカーから販売させていますが、その中でも今回は、「ソニーのブルーレイレコーダー」に焦点をあてて紹介していきたいと思います。

ソニーブルーレイレコーダーを買いたいけど、どうやって選べばいいんだろう・・?

なんて悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

2018最新ソニーブルーレイレコーダーの選び方、おすすめガイド!

まず、おすすめの商品を選ぶ前に、2018年のソニーのブルーレイレコーダーのテーマを知っておきましょう。

2018年のソニーのブルーレイレコーダーのテーマは、

「録り逃し防止機能と高画質機能の充実」です!

例えば、新番組のドラマを予約しようと思っても番組表に載っていなくて予約できない、4Kテレビに新しく変えたけどレコーダーは対応していない、という問題も解決できるように開発されているんです。

では、そんなソニーのブルーレイレコーダーの大きな特徴を1つずつ確認していきましょう。

1、Ultra HDブルーレイで4Kの映像をより高画質に!

録画した番組をキレイに見たい、それは誰もが望むことですよね。最近は4Kテレビなどの登場でキレイな画質でテレビ番組を楽しむことができるようになりました。

そこでそれに対応できるブルーレイが必要となってきます。

ソニーのブルーレイレコーダーの上位版(BDZ-FT3000/BDZ-FT2000/BDZ-FT1000、BDZ-FW2000/BDZ-FW1000/BDZ-FW500)には、Ultra HDブルーレイが再生できる機能がついています。

Ultra HDブルーレイは解像度、色域、輝度が従来のブルーレイ大きく超える高画質で、画素数はこれまでのフルハイビジョン4倍となるんです。

だから明暗の幅と色の忠実さも大きく進歩して今までよりずっとリアルに映画を楽しむことができるんです。

 

最近では「Ultra HDブルーレイ ソフト」も続々販売されていて過去に発売された映画も高画質で楽しむことができるんです。

・ULTRA HDブルーレイ ソフトの一覧はこちら>>

 

2、便利な新機能で撮り逃しを防止

新番組のドラマを録画したいのにまだ番組表に載っていなくて予約できない・・なんて経験ありませんか?

ソニーは電子番組表にまだ載っていない新作のドラマやアニメを録画予約できる「新作ドラマ・アニメガイド/先行予約」機能を搭載しました。(対応機種FT・FWシリーズ)

従来のレコーダーは予約できるのは8日前からでしたが、

この機能を使えば最長1ヶ月前から簡単に予約ができ、今までのように撮り逃してしまうことはありません。

 

3、スマホでどこでも録画予約

外出先でいつも見ている番組を予約し忘れた、と気づくことありますよね。でも、今までは気づいても後悔するだけ、どうしようもありませんでした。

ソニーのブルーレイレコーダーならそんな時も大丈夫、「どこでも録画予約」なら録画予約を忘れて出かけてしまっても外出先からスマートフォンでブルーレイレコーダーを操作し見たい番組をその場で録画予約することができます。(全機種対応)

さらに「どこでも視聴」を使えば録画した番組も放送中の番組も、インターネット経由でスマートフォンやタブレットに送ることができます。外出先やテレビのない部屋でも録画番組を見れるのでとても便利です。

また「ワイヤレスお出かけ転送」を使えば、録画した番組をスマートフォンで持ち出すことができます。事前に保存しておけば、パケット代を気にすることなく、インターネットの電波が届かない場所でも視聴することができます。

 

2018最新ソニーブルーレイレコーダー商品一覧

それでは上記で紹介した機能が搭載されている2018年のソニーのブルーレイレコーダーの商品一覧を紹介させていただきます。

2018年のソニーのブルーレイレコーダーは大きく分けて4つです。

1、FTシリーズ Ultra HDブルーレイ対応(3番組同時予約)

(BDZ-FT3000/BDZ-FT2000/BDZ-FT1000)

Ultra HDブルーレイ再生対応で3番組を同時予約できるモデルです。

ハードディスクの容量は各種、3TB、2TB、1TBの3種類から選ぶことができます。

型名 BDZ-FT3000 BDZ-FT2000 BDZ-FT1000
チューナー 3番組同時録画
地上、BS、CS×各3
3番組同時録画
地上、BS、CS×各3
3番組同時録画
地上、BS、CS×各3
ハードディスク容量
3TB
2TB
1TB
フルハイビジョン録画時間
約4240時間
約2820時間
約1400時間
DRモード録画時間
約390時間
約260時間
約129時間
高画質
Ultra HDブルーレイ再生対応 Ultra HDブルーレイ再生対応 Ultra HDブルーレイ再生対応
録画予約
「新作ドラマ・アニメガイド」
「新作ドラマ・アニメガイド」
「新作ドラマ・アニメガイド」
スマホで録る・見る
Video & TV SideView(アプリ)
Video & TV SideView(アプリ)
Video & TV SideView(アプリ)
楽天市場での商品情報 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら
Amazonでの商品情報 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

 

2、FWシリーズ Ultra HDブルーレイ対応(2番組同時予約)

(BDZ-FW2000/BDZ-FW1000/BDZ-FW500)

Ultra HDブルーレイ再生対応で2番組を同時予約できるモデルです。

ハードディスクの容量は各種、2TB、1TB、500TBの3種類から選ぶことができます。

型名 BDZ-FW2000 BDZ-FW1000 BDZ-FW500
チューナー 2番組同時録画
地上、BS、CS×各2
2番組同時録画
地上、BS、CS×各2
2番組同時録画
地上、BS、CS×各2
ハードディスク容量
2TB
1TB
500TB
フルハイビジョン録画時間
約2820時間
約1400時間
約700時間
DRモード録画時間
約260時間
約129時間
約64時間
高画質
Ultra HDブルーレイ再生対応 Ultra HDブルーレイ再生対応 Ultra HDブルーレイ再生対応
録画予約
「新作ドラマ・アニメガイド」
「新作ドラマ・アニメガイド」
「新作ドラマ・アニメガイド」
スマホで録る・見る
Video & TV SideView(アプリ)
Video & TV SideView(アプリ)
Video & TV SideView(アプリ)
楽天市場での商品情報 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら
Amazonでの商品情報 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

 

3、ZTシリーズ Ultra HDブルーレイ非対応(3番組同時予約)

(BDZ-ZT3500/BDZ-ZT2500/BDZ-ZT1500)

Ultra HDブルーレイ非対応で3番組を同時予約できるモデルです。

ハードディスクの容量は各種、3TB、2TB、1TBの3種類から選ぶことができます。

型名 BDZ-ZT3500 BDZ-ZT2500 ZT1500
チューナー 3番組同時録画
地上、BS、CS×各3
3番組同時録画
地上、BS、CS×各3
3番組同時録画
地上、BS、CS×各3
ハードディスク容量
3TB
2TB
1TB
フルハイビジョン録画時間
約4240時間
約2820時間
約1400時間
DRモード録画時間
約390時間
約260時間
約129時間
高画質
Ultra HDブルーレイ非対応 Ultra HDブルーレイ非対応 Ultra HDブルーレイ非対応
録画予約
「新作ドラマ・アニメガイド」非対応 
 「新作ドラマ・アニメガイド」非対応 
「新作ドラマ・アニメガイド」非対応 
スマホで録る・見る
Video & TV SideView(アプリ)
Video & TV SideView(アプリ)
Video & TV SideView(アプリ)
楽天市場での商品情報 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら
Amazonでの商品情報 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

 

4、ZWシリーズ Ultra HDブルーレイ非対応(2番組同時予約)

(BDZ-ZW2500/BDZ-ZW1500/BDZ-ZW550)

Ultra HDブルーレイ非対応で2番組を同時予約できるモデルです。

ハードディスクの容量は各種、2TB、1TB、500TBの3種類から選ぶことができます。

型名 BDZ-ZW2500 BDZ-ZW1500 BDZ-ZW550
チューナー 2番組同時録画
地上、BS、CS×各2
2番組同時録画
地上、BS、CS×各2
2番組同時録画
地上、BS、CS×各2
ハードディスク容量
2TB
1TB
500TB
フルハイビジョン録画時間
約2820時間
約1400時間
約700時間
DRモード録画時間
約260時間
約129時間
約64時間
高画質
Ultra HDブルーレイ非対応 Ultra HDブルーレイ非対応 Ultra HDブルーレイ非対応
録画予約
「新作ドラマ・アニメガイド」非対応 
「新作ドラマ・アニメガイド」非対応 
「新作ドラマ・アニメガイド」非対応 
スマホで録る・見る
Video & TV SideView(アプリ)
Video & TV SideView(アプリ)
Video & TV SideView(アプリ)
楽天市場での商品情報 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら
Amazonでの商品情報 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

 

1、FTシリーズ
2、FWシリーズ

は、Ultra HDブルーレイ再生対応、「新作ドラマ・アニメガイド」対応の機能が充実したモデルになっています。

3、ZTシリーズ
4、ZWシリーズ

はUltra HDブルーレイ非対応、「新作ドラマ・アニメガイド」非対応で機能より低価格を重視しています。

「スマホで録る・見る」に関しては全機種対応となっています。

 

まとめ

 

2018最新ソニーブルーレイレコーダーの選び方としては、画質や録画予約の機能を重視したい方は、1、FTシリーズ
2、FWシリーズ、最低限の機能でいいので低価格を求めるなら3、ZTシリーズ 4、ZWシリーズがおすすめです。

 

低価格のシリーズでも、最新モデルは、外出先からスマホで録ったり・見たりと充実した機能が付いています。お気に入りの番組をソニーのブルーレイディスクレコーダー録画して楽しみましょう。

 

 

2018年ブルーレイレコーダーの売れ筋ランキング

その他、2018年ブルーレイレコーダーの売れ筋を確認したい方はこちらをご覧ください。

・Amazonのブルーレイレコーダーの売れ筋ランキング>>
・楽天市場のブルーレイレコーダーの売れ筋ランキング>>